About US

Alhambraギターの歴史

 About Alhambra

 

1960年代初頭、フランシスコ・マルチネス・クラヴェルは彼のビジネスパートナーであり小さな工務店を営むリカルド・ローレンスとホセ・マリア・ヴィラプラナ・ヴィラプラナにクラシック・スパニッシュ・ギターのプロトタイプの製作を依頼し、彼らは家族の所有していたギターを元にギターの製作を始めました。

そのプロトタイプは地元の音楽講師たちの助けを借りながら修正が施されていき、努力の末に彼らはギター製作のプロジェクトを立ち上げることを決心しました。フランシスコ・マルチネス・クラヴェル、ホセ・マリア・ヴィラプラナ・ヴィラプラナ、リカルド・ローレンス・ボンホームとリカルドの義兄弟ホセ・ルイスの4人は、共同で”Manufacturas Jachi”という会社を設立しました。

彼らはすぐにスペースが足りないことに気づき、Muro de Alcoyという街のCera street にある住所もない建物に引っ越し、20人ほどのスタッフを雇いました。

後にAlhambra社設立に携わることとなるホセ・ボテラ・ミロは、国内外のすべての販売の代理人として共に働くことを”Manufacturas Jachi”に申し出て、ほどなくして会社の一員に加わることとなりました。

数年後、マルチネス・クラヴェルは彼の持ち株を手放し会社を離れる決断をしましたが、ホセ・ボテラ・ミロとラファエル・インサ・サトレが6ヶ月間の試用期間の後にプロジェクトを継続することに同意。そして1965年6月14日、ラファエル・インサ・サトレ、ホセ・ボテラ・ミロ、ホセ・ボテラ・ヴァルス、へスース・クエスタ・サレズ、ホセ・マリア・ヴィラプラナ・ヴィラプラナ、リチャード・ローレンス・ボンホームらは共同で”Manufacturas Alhambra, S.A.社”を設立しました。

その当時から現在まで、Alhambra社は国内とインターナショナルの弦楽器市場にありつづけ、常に向上心をもってギター製作に力を注いできました。

Alhambra社は、様々な種類の良質な木材を使い、彼らの弦楽器製作の発端となった伝統的なスパニッシュヒールを持つクラシックギターを製造してきました。

Alhambraギターの製品を作るのに不可欠なのはそこで働く人々です。小さな工房の頃に働き始めた多くの青年達は、彼らのすべてのキャリアをここで過ごし、そして退職後もその人生と技術をAlhambraに捧げています。またこの会社でキャリアを始めた他の人々もこの会社で働き続けています。彼らのチームと長年で培った経験がAlhambra社にとって計ることができない価値となっています。

Alhambraギターについて

 

“Manufacturas Alhambra S.L.”は1965年に設立され、世界最高のハンドメイドクラシックギター、フラメンコギター、スチールギターを50年にわたって製造してきました。14,000平方メートル以上の施設で、伝統的な手作業とモダンな木工技術の完璧な調和によって個々の楽器が作られます。

Alhambra社の誇る110人の職人たちは、ギター製作の確かな技術を持った、新しいモデルや新しい工法の開発や改良を行うデザインワークショップチームです。

彼らのギター製作の経験と技術は完璧なギターを生み出すために欠かすことのできないものです。Alhambra社では最高のスペシャリストが働いており、洗練されたギター製作の知識と伝統は代々受け継がれています。

製作工程は最高の素材を入手することから始まります。シダー、スプルース、ローズウッド、エボニー、サイプレスといった木材は原産地で入念に選定され、ギター製作のために特別に輸入されます。Alhambraの工場に木材が到着すると、自然乾燥された後に、近年導入された木材乾燥機によって状態を安定させます。それからそれぞれのパーツ製作、組立、塗装、磨きのプロセスを踏み、最終的にそれぞれのギターに対してチューニングとサウンドコントロールを行います。

 

Alhambraの製品クオリティと信頼性は、最高の素材選定から始まる、総合的な製造過程コントロールシステムの恩恵による物です。これはAlhambraのクオリティに対する確約で、製品への3年間の保証と細かなアフターサービスを提供しています。

※保証期間は代理店により異なります。

 

また、新しい技術を導入したことで在庫スペースや物流の環境が整い、オーダーに対してより俊敏に精度の高い対応することができるようになりました。Alhambra社で生産されているすべてのギターはコンピューター管理されているので、それぞれのシリアルナンバーから個々のギターを識別することができます。そのおかげで、シリアルナンバーからそれぞれの楽器の製造年月日をトラックすることができます。

 

Alhambraギターはそのクオリティ、デザイン、鳴りで広く知られています。そのすばらしい鳴りは職人たちの職人魂、几帳面さ、慎重な木材選び(特にシダー・スプルーストップ用単板)によるものです。

Alhambraには5つの主なプロダクトラインがあります。

  • Classical guitar
  • Flamenco guitar
  • Bandurrias and lutes
  • Steel string guitar
  • Signature models

 

Alhambraギターズは最高の楽器をそれぞれのお客様に提供することに専念しています。その為すべてのラインで3つの異なったレベルのラインナップを有しており、ビギナーモデル、学生モデル、プロフェッショナルモデルがあります。

また、それぞれのお客様の特定の要望に合う楽器を製作する為にカッタウェイモデル、カスタムギター、プリアンプ、レフトハンドモデルなどの幅広いオプションを提供しています。

Alhambraギターは現在40以上の国と地域でご愛用いただいています。

 

Alhambraギターと環境保護について

Alhambra社では環境保護に強い意識を持っています。

これはイメージ戦略などではなく、我々はギター製作の主な材料として使われる天然の木を守る必要があり、私たちの未来はその資源がいかに続くかによります。

 

Medio_ambiente_1

 

Alhambra社では、政府に公式に認められた植林プログラムを遵守している木材業者より木材を購入しています。木材の原産地によって守らなければ成らないルールが様々です。例えば、インディアン・ローズウッドは政府が運営の公営オークションからのみ購入することが可能で、購入後に現地で製材されます。また、エボニー材を扱っている木材業者は、売上の1%を毎年寄付することが義務づけられています。政府はその寄付金を森林再生事業に活用します。

 

Medio_ambiente_2

 

Alhambra社では常に仕入れた木材を無駄なく使用するためにいくつかのポリシーを持っています。

・各国が定めているルール:各国の政府が定める規制を遵守し、木材は輸出される前に仕様通りに切り出されなければなりません。

・Alhambra社の製品ラインナップはとても幅広く、木材の品質によってどのモデルに使用するか木材を選別しています。

・Alhambra社は自社浄水施設を所有しています。その為、ニス塗り後、適切に廃棄物処理を行うことが出来ます。

・真空システムが木材の切りくずを吸い取り、木屑の塊にして処理します。木屑の塊はギター生産の副産物です。余剰木材や木材の切りくずを圧縮して固め、円柱の塊にします。これらの圧縮された塊は、パン屋のオーブン用木材として使われます、また、Alhambra社製のケースを製作している工場の暖房用木材として使用されます。

 

Medio_ambiente_3

 

接着剤や使用後のニスなどの取り扱いに注意が必要なものは、特別に許可を得た業者によって処理されます。

 

Medio_ambiente_4

 

Care ~Alhambraギターのメンテナンス~

ギターの保管についての注意点として、過剰な湿気や乾燥、環境の急激な変化はギターの深刻なダメージにつながりますので、相対湿度を40~60%に保つことをお勧めします。湿度が40%以下になると木材のクラックを引き起こしたり、弦高が下がってしまう症状が発生する可能性があります。また、湿度が70%を超えると、木材の接着に使用している接着剤が緩くなってしまったり、弦高が上がったりすることで弦のビビリが発生しサウンドに悪影響が出るケースがあります。

下記はギターの各部位ごとのメンテナンスに関するアドバイスです。

 

Wood
クリーニングに関しては湿った柔らかい布で拭いてください。また、専用のクリーナーなどを塗布してクリーニングする方法もありますが、ソルベントが含まれているクリーナーは避けてください。マットフィニッシュの製品やパーツは、強く磨くと光沢が出てしまうため優しく拭いていただくことをお勧めしますが、経年による光沢は避けられません。
クリーナーを使用する際にご注意いただきたいのは、Alhambraの塗装は全て同じニスが使われているのではなく、木材によって種類が異なりますので場合によってはダメージを与えてしまう可能性があります。1Cモデルから7Pまではポリウレタン系のニスを、モデル8Pからプロフェッショナルまではニトロセルロースラッカーを使用しています(トップに関してのみ)。2002年よりこれらの塗装を採用しており、アルコールを含むクリーナーはご使用になれません。全てのスチール・ストリング・ギターの塗装には、ポリウレタン系のニス(グロスフィニッシュまたはマットフィニッシュのオプション)を採用しています。

木材や塗装に対するメンテナンスに関して、最も重要なのは過剰な湿気と乾燥を避けることです。

 

Fingerboard
埃や塵を取り除いた後、布で少量の石油系のジェルを塗布してください。また、アルコールで湿らせた布を使用して蓄積された油脂などをクリーニングすることも可能です。

 

Frets
フレットと指板の間に蓄積された埃は楊枝でクリーニングできます(楊枝の素材について、指板材のローズウッドやエボニーより硬い素材のものは製品を傷付ける恐れがありますのでご使用を避けてください)。

 

Machine Heads
潤滑油を注入してください。

 

Strings
ご使用後にアルコールで湿らせた布で弦をクリーニングすることをお勧めします。定期的に行うことで弦の寿命とサウンドも維持されます。

 

 

 

 

Features

OpnePore-Z-Natural
OpenPore-Z-Natural-CW-EZ
ClassicGuitar-C1
ClassicGuitar-5P
FlamencoGuitar-3F
FlamencoGuitar-4F
MAHOGANY