MICROTUBES 900

BE HEARD


Microtubes 900

Microtubes 900™ は、フルアナログ回路のプリアンプとクラスD パワーアンプモジュールを搭載した 900W のベースアンプです。フロントパネル右側のクリーンセクションは、ベースの基本的なトーンを設定します。Gain と Master、そしてアクティブタイプの4バンド EQ を備えています。Low と Treble コントロールに加えて Low Mids と Hi Mids コントロールを搭載し、Low/Hi Mids の各ノブでは 3-way フリーケンシースイッチによってそれぞれの中心周波数を切り替えることが可能です。フロントパネル左側は Microtubes® エンジンによるエクストラチャンネルコントロールで、僅かにチューブをブレイクアップさせたサウンドとハーモニクス、ナチュラルなコンプレッションを加えてクリーントーンを次のレベルへと引き上げます。

  MICROTUBES 900

フロントパネル

Input

ベースからの信号を入力するスタンダード 1/4“ モノフォンインプットです。

Passive/Active

パッシブ/アクティブのモードを選択します。高い出力のアクティブ回路を搭載したベースを接続した時に、早い段階で歪んでしまう場合にはアクティブ側に切り替えて使用してください。(さらにディストーションを追加したい場合には、アクティブベース接続時にパッシブ・モードをお試しください。)

Microtubes

Microtubes エンジンの ON/OFF を切り替えます。このスイッチはナチュラルなコンプレッションとオーガニックな倍音成分によるエンハンスを追加し、マイルドなオーバードライブから暴れるようなハイゲインサウンドまでを作り出すサチュレーションをコントロールすることが可能です。
Microtubes エンジンはクリーンセクションの前段に設置されています(以下に記載のある Tone ノブの機能を追加し、その上でさらに4バンドのアクティブ EQ を使用することができます)。

Drive

Microtubes エンジンが作るディストーションの量をコントロールします。このディストーションはソフトでウォームなオーバードライブから重くモダンなディストーションまで変化させることが可能です。

Tone

可変式のローパスフィルターにより、Microtubes エンジンの高域の倍音成分をコントロールします。アタックと明瞭さを加えるにはノブを上げ、ダークでより滑らかなサウンドにする場合はノブを下げます。キャビネットのツイーターやクリーンセクションの EQ セッティングがブライトな場合に特に効果的です。

Level

Microtubes エンジンの出力レベルをコントロールします。

Blend

クリーンシグナルと Microtubes エンジンのディストーションシグナルのミックスバランスをコントロールします。

B3K/VMT

2つのオーバードライブ・ボイシングを選択します。B3K モードはアグレッシブでパーカッシブなサウンドになり、VMT モードはミッドが増え、よりウォームでニュートラルなキャラクターです。

Gain

アクティブ4バンド EQ のシグナルボリュームをコントロールします。低く設定すれば最もクリーンなトーン、高く設定すれば唸るようなアグレッシブなサウンドにすることも可能です。

Bass

80Hz を中心周波数として ±12dB の範囲でシグナルの低域成分を調整します。

Low Mids

Low Mids スイッチで選択した周波数を中心周波数として ±12dB の範囲でコントロールします。

Low Mids ƒ

Low Mids でコントロールする中心周波数を 250Hz、500Hz、1kHz の3タイプで切り替えます。

Hi Mids

Hi Mid スイッチで選択した周波数を中心周波数とした帯域を ±12dB の範囲でコントロールします。

Hi Mids ƒ

Hi Mids でコントロールする中心周波数を 750Hz、1.5kHz、3kHz の3タイプで切り替えます。

Treble

5KHz を中心周波数として ±12dB の範囲でシグナルの高域成分をコントロールします。

Master

アンプ全体のボリュームをコントロールします。

Mute

Microtubes 900 の出力をミュートします。

DIMENSIONS

26.7 x 23 x 6.4 cm

WARNING

アンプを分解しないでください。アンプ内部のパーツでユーザーが設定するコントロールはありません。

アンプの AC インレットに電源ケーブルを接続する前に、左側のサイドパネルにあるボルテージ・セレクタースイッチ(115/230V)が適切な設定になっていることを確認してください。日本国内でご使用になる場合は 115V に設定してください。

多湿な環境や周囲に液体のある状況下でのご使用はお止めください。

Microtubes 900 は 115dB 以上のパワーで出力することが可能です。このレベルでの出力は使用環境によっては聴覚へ深刻なダメージを与える可能性があります。適切な聴覚の保護を行ってください。

Microtubes 900 は 900W 以上の出力があります。ご使用になるスピーカーキャビネットはアンプの出力を許容できる製品をご使用ください。リアパネルの MIN LOAD スイッチを 2Ω モードにすることでアンプの出力を減少させることが可能です。

ベントホールにはカバーをしないでください。ファンとベントホールはアンプのクーリングを行うパーツです。カバーをしてしまった場合、アンプのオーバーヒートを引き起こし、パワーアンプにダメージを与える場合があります。

スピーカーキャビネットと接続する場合はシールドケーブルではなく、スピーカーケーブルをご使用ください。一般的なシールドケーブルはアンプからスピーカーへのパワーシグナルを伝送できるようデザインされていません。

  MICROTUBES 900

バックパネル

Speaker Output

ベース用キャビネットに接続します。1/4“ モノフォン、もしくはスピコンのスピーカーケーブルのどちらにも対応するスピコン・コンボジャックです。
※注意: 一般的なシールドケーブルを用いてキャビネットと接続した場合、アンプが破損する恐れがあります。必ずスピーカーケーブルをご使用ください。

Min-Load

2Ω のキャビネットに接続する場合にスイッチを押して使用します。4Ω のキャビネットが 500W 以上に対応していない場合、より低い出力にするためこのコントロールを使用します(同様に 350W を得るにはこの構成で 8Ω のキャビネットを使用します)。

Pre Amp Out

プリアンプセクションからの信号を出力します。Mictrotubes 900 のパワーアンプセクションを使用せず、他のパワーアンプを使用する場合などに使用します。
※フロントパネルの Mute スイッチを押すと Pre Amp Out からの出力も Mute されます。

Pre Amp In

外部プリアンプからの信号を Microtubes 900 のパワーアンプへ入力します。その際、MASTER コントロールはご使用いただけません。

Post-Pre

D.I アウトからの出力信号を選択します。PRE を選択した場合、プリアンプセクションを経由する前の入力信号がそのまま出力されます。POST を選択した場合にはプリアンプセクションを経由した信号が出力されます。

Ground Lift

D.I XLR アウトのグラウンドをリフトします。D.I アウトから他機器へ接続した際にグラウンドループによるノイズが発生した場合は、このスイッチを押してノイズの変化をチェックしてください。

Balanced Output

マイクプリアンプやコンソール、レコーダー、コンプレッサー、オーディオインターフェース等のスタンダードな XLR ジャックを搭載し、バランス入力に対応した楽器と接続する Microtubes 900™ の D.I アウトです。

Footswitch

フットスイッチを使用して Microtubes エンジンの ON/OFF をコントロールできます。また、フットスイッチを長押しすることで Mute 機能の ON/OFF も可能となります。VMT/B3K ボタンのコントロールはフットスイッチの接続にかかわらず本体で切り替えることができます。
※フットスイッチとアンプの接続にはスタンダードな 1/4“ モノフォンケーブルを使用します。
※フロントパネルからアンプのコントロールを行う場合は Footswitch ジャックからケーブルを抜いてフットスイッチを取り外してください。
※Microtubes 900™ はアンプ付属の Intelligent Footswitch でのみ外部コントロールが可能で、一般的なフットスイッチではコントロールできません。

AC Socket

電源ケーブルを接続します。

AC Power ON/OFF

電源の ON/OFF を切り替えます。

Intelligent Footswitch

Intelligent Footswitch は、Microtubes 900™ 専用の多用途に使用できるアクセサリーで、直感的なコントロールを可能にします。1度タップすれば Microtubes Engine の ON/OFF、3秒以上長押しすればアンプのミュート機能をコントロールします。標準的な 1/4“ ケーブルを使用して Microtubes 900 のフットスイッチ端子と接続します。専用通信プロトコルによってヘッドにコマンドを送るマイクロ・コントローラーで動作します。

免責事項

※ 製品の改良等により、予告なく仕様が変更となることがございます。予めご了承ください。
※ 正規輸入品以外は保証・修理の対象外となりますのでご注意ください。