History of Jean Larrivee Guitars

History    |    Online Factory Tour    |    Education

Jean Larrivee Guitarsの歴史

ジャン・ラリヴィー氏は、10代の頃にギターに興味を持ち、当時$18のギターで「デュアン・エディー」のフレーズを練習していました。今まで音楽教育を受けてこなかったジャンは20歳の時に、真剣にクラシックギターについて勉強する決意を固めました。クラッシックギターの勉強を開始して4年目のある日、ジャンは当時トロント在住だったドイツ人クラシックギタービルダーのエドガー・メンヒ氏と知り合います。ジャンはメンヒ氏にギター製作への興味を伝えました。メンヒ氏はジャンを自分の店に招き、そこからメンヒ氏とジャンの師弟関係が始まりました。

 

メンヒ氏指導の下、ジャンは2本のギターを製作しました。その後ジャンは自宅に作業場を設けて、ギター製作の研究に没頭しました。そしてジャンはギターの演奏にかけていた時間も徐々にギター製作に集中していくようになり、ジャンはギター製作家としての道を生涯の仕事とすることを決めました。

 

1968年から1970年まで、ジャンは自宅でクラシックギター製作を続けていましたが、その後劇場の2階へと作業場を移します。そこでは、トロントのフォークミュージックコミュニティーの様々な人達と知り合います。知り合った人々の後押しもあり、1971年にジャンは初めてアコースティックギターを製作しました。

この時期は試行錯誤の期間でした。ヨーロッパのクラシックギター製作者の伝統様式を継承しつつ、ジャンは独自の特徴的なギターシェイプ、ブレーシングパターン、ギター構造を取り入れながら研究を重ねて行きます。ジャンがアコースティックギター製作を開始した当時は、まだ完成度の高いアコースティックギターモデルはほとんど存在していなかったため、ジャンは情熱をもってアコースティックギターの製作に取り組みました。ジャンが製作した初期のアコースティックギターは、MartinスタイルのX型に引き伸ばした(鉄道の踏み切り標識のような)ブレーシングとブリッジに対して45度の角度についた、小さなドレッドノートスタイルでした。しかし、ジャンはクラシックギター製作時に得た経験から、対照的なブレーシングパターンを採用したほうが、音のバランスが良くなるのではないかと考えました。そこでジャンは、90度のブレーシングとブリッジに対して平行なトーンバーを採用しました。その仕様を採用したギターの音は、力強く、バランスの取れたサウンドを奏でました。ジャンは当時の事を振り返り、こう述べています。”無知から生まれた成功だった”と。それから25年が経ち、改良を重ねたこのブレーシングパターンがラリヴィーギターの核を担っています。(Symmetrical Parabolic X-Bracing)全体的にバランスに優れ、響きも素晴らしくタイトでソリッドな低音、力強い中音域、非常に明瞭な高音域、これらがラリヴィーギターの特徴です。

 

特に、25年間に渡るギター製作から生み出された2万本以上のアコースティックギターがラリヴィーギターのデザイン構造完成度の高さを証明しています。ブリッジ裏トップの膨らみやサウンドホールあたりのトップの沈みは従来のブーシングを採用したアコースティックギターには良くみられる症状でした。特にスキャロップブレーシングを採用しているアコースティックギターによく見られる症状でした。しかしラリヴィーのブレーシングパターンでは、この問題はほとんど存在しません。

 

1971年から1977年にかけ、ラリヴィーギターは着実に成長を重ね、より大きな工場を求めて4回移転しました。この間ひっきりなしにジャンに弟子入りの希望者が現れ、中には独立して成功を手にしたビルダーも多く存在します。1972年ジャンは「ウェンディー・ジョーンズ」と出会い、人生を共にする決意をしました。妻であるウェンディーは、ラリヴィーギターの特徴の1つである美しいインレイのデザインと彫刻を手がけています。

 

1976年、8人の職人が1ヶ月に25~30本のギターを製作していました。この間に製作されたギターのほとんどはカナダ、またはクラシカルなデザインを好むヨーロッパで販売されていました。一方アメリカ市場への進出は困難を極めました。その理由は、ラリヴィーギターの特徴でもある「ウッドバインディング」「象眼装飾の施されたロゼッタ」「クリアピックガード」「ルネサンススタイルのインレイデザイン」が、当時のアメリカの流行から少し外れていたからです。しかし、希望が全くなかった訳ではありません。数名の著名なアーティストがラリヴィーギターを購入し、そこから口コミで評判が広がり始めました。多くのアメリカ人ミュージシャンがトロントまでラリヴィーギターを捜し求めるようになると、一部のアメリカのディーラーたちはラリヴィーギターの在庫を持ち始めました。

 

1977年、ジャンとウェンディーはブリティッシュコロンビア州のヴィクトリアに移住を決意します。カナダ環太平洋沿岸に群生する多雨林はギターにとって良質なスプルース材とシダー材生産地です。ラリヴィーギターの将来の成長は、質の良い木材を入手できるかにかかってくるのではないかとジャンは考えていました。勿論カナダの穏やかの気候と、ブリティッシュコロンビアの壮大な景色に魅了されたのはいうまでもありません。

 

ヴィクトリアに工場を移してから、ジャンはギター大量生産の障害となっている問題の解決に専念します。それまでの賃貸物件ではなく、初めて自社工場を購入することで、湿度や温度管理が可能な作業場と本格的な塗装ブースの設置が可能になりました。さらにジャンは特殊な機械と工具を開発することで、高い品質を保ったままハイレベルで精密なギターの大量生産に成功しました。工場移転から1年も経たないうちに、14人の職人が1日に4本のギターを製作する体制が整いました。

 

ラリヴィーギターは、ヴィクトリアで順調に成長し成功を収めてきましたが、島で業務を行うことが厳しくなってきました。1982年、本土に再び工場を移転させる決心を固めます。当時は電子キーボードやエレキギターが脚光を浴びていた時代で、ほぼアコースティックギターのみを製作していた会社には厳しい時代でした。生産削減や従業員のリストラするのではなく、ジャンは時代に融合して行く手段を選択します。

1983年、ジャンはソリッドボディのエレキギター製作に取り掛かります。

 

1989年、アコースティックギター市場の状況が再び好転し始めます。ジャンは、彼が一番情熱を持っているアコースティックギター製作に再び集中しました。エレキギター製作から得た知識を最大限に生かし、ジャンはアコースティックギター製作技術の改良を重ねました。新しい工具が開発され、アコースティックギター製作工程にコンピューター制御のNCマシンも導入されました。そこからいくつかの新しいモデルが誕生しました。

 

1991年までにはアコースティック市場が完全に復活し、ラリヴィーギターは更に大きな場所へ工場を移転させます。当初は、11,000平方フィート(約1000平方メートル)の敷地は大きすぎたのではないかと思われましたが、 (当時35人の職人が1日25本のギターを生産する体制でした)すぐにこの11,000平方フィートの敷地でも十分ではなくなってしまいました。

 

1997年にラリヴィーはD-03を発表しました。当初は限定1000本販売だったこのモデルは、$800ドル以下で購入できる唯一のオール単板モデルとして注目され需要が高まりました。後にD-03はスタンダードモデルになりました。

 

1998年3月初旬、ラリヴィーはバンクーバー中心に位置する33,000平方フィート(約3060平方メートル)の工場へ移転しました。その工場では熟練した技術を持つ100人の職人が、1日に60~72本のギターを製作していました。ここで生産されたギターの大半は、当時の最大手取引先へと出荷されました。そして2001年9月、ラリヴィーは工場規模を更に拡大し、南カリフォルニアに新工場を設立します。そのわずか10日後に、「9.11」アメリカ同時多発テロが発生しました。会社の事業拡大には明らかにふさわしくない時期でした。この悲劇から2年間ギター業界は苦難を強いられました。人々はアコースティックギターをあまり購入しなくなりました。多くの大手ギターメーカーは、リストラを余儀なくされました。ラリヴィーも例外ではありませんでした。1日のギター生産本数は35本にまで減少しました。そこから2年間、ラリヴィーは、「ハイエンドモデルの見直し」「03シリーズのデザイン一新」「トラディショナルシリーズの開発」を含めた生産システムの変更を行いました。

 

現在、ジャンと妻ウェンディー、息子マシューと娘クリスティーンはカリフォルニアの工場でグロスフィニッシュギター製作に携わっています。ジャンのもう一人の息子、ジャンJrはサテンモデルを生産しているカナダ工場を運営しています。

 

アメリカに新工場を設立して以来、弊社は成長し続けています。この成長を反映する様に、最新Fadal社製CNCマシーン2台とレーザーカッターを1台導入しました。現在ラリヴィー社は合計8台のCNCマシーンを導入しています。この新規機材導入のお陰で、効率よく高品質なギターを皆様にお届けすることが出来ます。

 

 

 

ラリヴィーギターは、ジャン・ラリヴィー氏が1967年にギターの製作をスタートしてから、現在に至るまで何度か製作の拠点を移動し、小さな工房から、現在のカリフォルニア工場のような大規模な工場へを拡大してきました。

Previous & Current Locations/Facilities

  • An old house in Toronto, ON, Canada (1967)
  • Basement of Jean’s Townhouse in Toronto, ON, Canada (1968 -1971)
  • Above the Tarragon Theatre in Toronto, ON, Canada (1971 -1972)
  • Storefront on Mount Pleasant in Toronto, ON, Canada (1972 – 1973)
  • Portland Street Shop in Toronto, ON, Canada (1973 – 1975)
  • Dwight Street in Mimico, Toronto, ON, Canada (1975 – 1977)
  • Esquimalt Shop, Victoria, BC, Canada (1977 – 1982)
  • 267 E. 1st Street Shop in North Vancouver, BC, Canada (1982 -1992)
  • Victoria Diversion shop in Vancouver, BC, Canada (1993 – 1998)
  • Cordova Street Factory in Vancouver, BC, Canada (1998 – Current)
  • Yarnell Place Factory in Oxnard, CA, USA (2001 – Current)

ギターラベルについて

About Our Guitar Labels

Features

Larrivee HistoryLarrivee History
NEW 02 Bluegrass SeriesNEW 02 Bluegrass Series
Factory TourFactory Tour
Headstock InlaysHeadstock Inlays
Larriveeギターの管理方法Larriveeギターの管理方法
Fretboard InlaysFretboard Inlays
NEW Classic L30NEW Classic L30