Humidity and Wood

History    |    Online Factory Tour    |    Education

湿度と木材の関係

ハイエンド・アコースティック・ギターの手入れ方法や保管、管理のことについて、本当に理解している人は多くはありません。取り扱い方は、外見やサウンド、そして楽器の寿命に大きな影響を及ぼします。正しく取り扱えば、例えば新しいギターを一世紀(100年)以上維持させることも可能になるのです。

単板のアコースティック・ギターは2片の薄い木材を素材としており、ボディ材の厚みは、1/8インチ未満以下という薄さで仕上げられています。その薄さと表面積の大きさにより、湿度の影響をとても受けやすいと言ったことを意味します。

湿度が低いと木材は、収縮します。

湿度が高いと木材は、膨張します。

アコースティック・ギターでみられる問題の大部分は、湿度の影響で木材が膨張したり収縮したりすることに起因します。通常のアコースティック・ギターは、最適な室温として知られる摂氏22度、湿度40~45%の間で生産されています。いったい相対湿度とはどんなものか、また何故単純に湿度と言わないのかについて簡単に説明します。空気が含むことができる湿気の量は、気温によって変化します。気温が高ければ、より多くの湿気を大気中に含むことができます。つまり、摂氏32度/湿度50%と、摂氏-6度/湿度50%とでは、湿度レベルが違うということです。湿度レベルは温度によりますので、温度次第で湿度は「相対湿度」と表現されるのです。なお、この項でお話しする湿度(相対湿度)は、摂氏22度を想定しています。

アコースティック・ギターは適正な条件の下で製作されていますが、一旦ギターが外に出てしまうと、木材が収縮や膨張を始めます。修理品の多くは、乾燥による症状が90%を占めます。

 

以下の表は、安全な、またはギターにダメージを及ぼす危険のある相対湿度の範囲を現れるかを示したものです。

相対湿度

 1日~3日

 3日以上

90% – 100%

極めて高い範囲

ボディが膨張し、音質が落ちます。また、弦高が非常に高くなり演奏性が悪くなります。材の膨張により、ボディーバックのブレーシングが剥がれてくる場合があります。 全ての接着箇所が緩んできます。ボディートップとバックのブレーシングが剥がれてきます。ボディは膨らみ、ブリッジの前後が凸面になります。ブリッジが剥がれ落ちることもあります。更に指板も隆起し、演奏できない状態になります。最終的にはギター内部にカビが生え、壊れてしまうでしょう。
85% – 90%

非常に高い範囲

ボディの膨張がおこる可能性が出てきます。音質が悪くなり、かつ弦高が高くなって演奏性が落ちます。 数週間するとブレーシングが剥がれてきます。ボディートップとバックが膨張し、ブリッジ剥がれ落ちることもあります。更に指板も隆起します。ボディ内部にカビが生えてくるかもしれません。
70% – 85%

やや高い範囲

音質が落ちる可能性があります。また、ボディートップが膨張したり、弦高がやや高くなることがあります。 数週間するとブレーシングが剥がれてきます。ボディートップとバックが膨張し、ブリッジ剥がれ落ちることもあります。更に指板も隆起します。ボディ内部にカビが生えてくるかもしれません。
55%-70%

安全な範囲

演奏する上で、特に大きな問題は起きません。 トップとバックが僅かに膨らんだように見えるかもしれません。また、演奏性に僅かな影響が出るかもしれません。
42%-55%

安全な範囲

この範囲では問題は起きません。 この範囲では問題は起きません。
35%-42%

やや低い範囲

演奏する上で、特に大きな問題は起きません。 フレット・バリが出始めるかもしれません。トップが僅かに沈んでくるかもしれません。弦高は僅かに低くなりビリつきが出てきます。またブリッジの端にへこみが現れてきます。
25%-35%

低い範囲

フレット・バリが出てくるかもしれません。またトップが僅かに沈むことがあります。 フレット・バリがでます。トップとバックはフラットになる、または沈んできます。弦高は低くなりビリつきます。ブリッジの端が落ち込み、数ヵ月後にはブリッジは持ち上がり、剥がれてくるかもしれません。
20%-25%

低い範囲

フレット・バリが出ます。トップが落ちてきます。弦高は非常に低くなり、弦のビリつきがおきます。 完全にフレットが飛び出します。トップとバックはフラットになるまたは沈みます。弦高はより低くなりビリつきます。ブリッジの端がへこみ、トップが割れてきます。ブリッジは剥がれてしまいます。
10%-20%

非常に低い範囲

完全にフレットが飛び出し、トップとバックは沈み込みます。弦高は低くなりビリつきます。トップはブリッジ付近から割れ始め、ブリッジは剥がれてしまうかもしれません。 フレットが飛び出し、トップとバックは沈み込み、指板エンドはボディに沈み込むようになります。弦高はより低くなります。ブリッジの端がへこみトップは割れてきます。ブリッジは剥がれてしまいます。ロゼット・リングやとテール。ウェッジは、目に見えて浮き上がるかもしれません。
0%-10%

極めて低い範囲

フレットが飛び出し、トップとバックは沈み込みます。弦高は、より低くなりビリつきます。ブリッジ付近から割れが全体的に走ります。ブリッジは剥がれてしまいます。 フレットが飛び出し、ボディが壊れ出します。弦高は極めて低くなり、場所によっては音もでません。ブリッジは剥がれ、トップの割れは全体に起こります。ロゼット・リングとテール・ウエッジは浮き上がります。また剥がれないブレーシングによってバインディングが押し出されるかもしれません。トップとバックは、ブレーシングの位置が分かるくらいに落ち込み、波打つかもしれません。

 

 

表をご覧のように、相対湿度が安全な範囲の外に置かれた楽器には様々なトラブルが起こります。あなたの楽器を適切に管理するために、以下の項のガイド・ラインに従って下さい。多くのプレイヤーは、高級なアコースティック・ギターは、相対湿度などの環境変化に対しても影響を受けないだろうと間違った認識を持っています。実際は、合板で作られたアコースティック・ギターよりも、単板で作られたアコースティック・ギターの方が環境変化に対してより敏感です。その理由は、薄い材と薄い塗装で仕上げられているからです。

 

夏場のケアについて

我々がギター製作に使用する木材は、3年から5年間ほど寝かされています。さらに、ライニングの接着やパーフリングなどの組み立て後、安定させるために1年間の時間をかけます。このような適切な工程を経ずに製作されたギターの多くは、夏場の湿気によって膨張するなどの歪みを起こし、結果としてダメージを受けることになります。相対湿度が60%を超えると、アコースティック・ギターは膨張し始めます。下記に、膨張の症状をいくつか挙げます:

 

1) 最も見られる症状の一つは、トップ面の膨らみです。トップ面が持ち上がり、表面に歪みが見られるようになります。相対湿度が高ければ高いほど、歪みは目立つようになります(ボディバックも同様です)。トップ面の膨らみは、弦を外して、サウンドホールとブリッジの間に定規を置くことでチェックすることができます。通常のトップ面はフラットか僅かの膨らみを持った面でなければなりません。定規を当ててトップ面のサイドの隙間が0.8mmから1.0mm以上あればトップ面が膨らんだ可能性があります。

 

2) さらに湿気が増えてくるともう一つの変化が見られます。それはトップ、サイド、バックなどのジョイント部分が目立つようになってくることです。特にインレイの周りで目立ちます。パール自体は湿気の影響をほとんど受けませんが、パールがインレイされた部分の材は、薄く柔らかいため膨らみやすく、インレイのラインが目立って見えるようになります。

 

3) 膨張したトップ面によってブリッジが押し上げられ、さらにバック面も膨らむことでネックを押し上げるため、弦高が高くなってきます。また、ナットとサドルの間に歪みを引き起こします。特に湿度の高いハワイやフロリダ、日本などの地域は注意が必要です。また弦高が高くなることで一定の力が加わります。湿度が高すぎると、トップが膨張し、ブリッジや弦を押し上げます。またボディーバックも膨張すると、ネックも押し上げられます。これらが原因となって、ナットとサドルの間のどこかが沈み込みます。

 

4) 指板材のエボニーが膨らむことで、フレット浮きの症状が出てきます。フレットが浮いてくるとネック自体にも反りなどの症状がみられるようになり、さらに弦高の問題が大きくなってきます。

 

フィニッシュ(塗膜)は確かに湿度の問題からギターを保護しますが絶対ではありません。湿度からの影響を完全に止めることはできません。高い相対湿度の中に置かれていると塗膜にも変化が起き始めます。木材の膨張に合わせて、塗膜が波打って見えるようになってきますので注意が必要です。またバックとサイドで気孔が沈むことがあります。ローズウッド材が膨張すると、気孔が大きくなりフィニッシュ(湿度に影響されない)が気孔に沈み込みます。マホガニーネックのフィニッシュもまた同様の理由で、バックとサイドで気孔に沈むことがあります。このように高い相対湿度はギター自体に歪みをもたらすばかりではなく、音質や弦の劣化なども引き起こします。ただ、長期間に渡って高い相対湿度の中に置かれ、大きなダメージを受けたギターでなければ、摂氏22度、湿度40~50%の環境に戻せば、ギターは自然に修復していく力があります。一方、長期間高い相対湿度にさらされたことで起こったブレーシングの緩み、塗膜のくもり、クラックなどの致命的な損傷は、リペアマンによって修理される以外に修復するしか方法がありません。このように管理の不手際で起こった品質の問題や損傷などは、保証の規定外となりますので、注意してください。

 

では、過剰な湿気からギターを守るためにはどうしたら良いのでしょうか? それは意外に簡単な方法と注意で防ぐことができます。以下を参考にしてください。

※アコースティック・ギターに最適な室温として知られている 摂氏22度、湿度40~45% を保てる環境下で保管することを推奨

1) ギターをケースに仕舞ったままにしないでください。ギタースタンドを用いて風通しの良い環境、ギターにとって最適な室温を保ちやすい状況下にて保管することをお勧めします。

 

2) 高湿度の時に、涼しいからといって地下室にギターを置いてはいけません。このような湿気がたまる環境で、決してケースに仕舞ったまま保管しないようにして下さい。

 

3) 除湿機があれば使用して、湿度管理することが理想です。また、ギター用の乾燥材も有効です。

 

夏場、楽器に悪影響を与えるもう一つの原因は、高温です。特に車の中へギターを置き去りにしないでください。最悪、車の中の温度は66度以上になります。このような状態に置かれたギターは、高温によって接着材が剥がれ、ギターに致命的なダメージを与えます(弦高が極端に高くなるに留まらず、ネックにも反りや捻じれが起こります)。こうなると、通常の環境に戻してもギターは元に戻りません。また修理の保証対象外となりますので、ご注意下さい。

 

トップのスプルースは、目に見えない小さな樹脂のポケットを持っています。ジャーマンスプルースのような目の詰まったスプルースであればあるほど多く含みます。極度の高温状態になるとポケットが膨張して逃げようとし、結果フィニッシュ面を傷つけることになります。修理は可能ですが、サンディングなど大がかりな修理が必要となります。この場合も修理の保証対象外となりますので、ご注意下さい。

夏場は紫外線が多くギターの変色にも注意する必要があります。変色(黄変)それ自体は、ギターにとって特に問題ではありません。日焼けのような、ヴィンテージ・ギターに見られるような褐色のボディは経年変化によってできた変色で貫録さえ感じることでしょう。ここで言う変色とは、例えばストラップをボディに垂らしたまま放置してしまうと、きっとそこだけ元の色が残っていることでしょう。夏場にギターを保管するときは、この点について注意が必要です。

指板面にオイルやワックスなどの製品を使用することは、お勧めしません。指板材のコンディションを考えるのであれば、あなたが演奏する時の指の油で十分です。演奏後は、ギター弦の寿命を延ばすために、柔らかいクロスで汗や油を拭いておくと良いでしょう。また、ボディについた汗も楽器専用の柔らかいクロスで拭いて置くようにしましょう。

 

冬場のケア

冬場はアコースティック・ギターにとって、とても危険な時期です。原因は、極端な湿度の低下です。冬場に限らず湿度40%以下の環境になるとギターは、何らかのダメージを受けてきます。ダメージは乾燥によって引き起こされ、夏場の湿気よりも、非常に深刻な問題をもたらします。もし何かダメージを発見した場合は、早急にリペアマンに相談することをお勧めします。必ずしも正確ではありませんが、市販の湿度計で温度を計るのも良いでしょう。ギター周囲の湿度の変化にいち早く気がつくことが最も大切です。あなたの大切なギターは、乾燥によって何かしらのダメージを受けていませんか?

 

 

下記を参考に症状をチェックしてみてください:

 

1) フレットのバリ(飛び出し) – 最初の症状として表れるのがフレットのバリです。乾燥によって、指板材のエボニーは縮みますが、金属のフレットは縮みません。これにより、指板の外へフレットの端が飛び出してきます。これがフレット・バリです。演奏中にフレットの端が引っ掛かるやデコボコ感じるようであれば、それがサインです。但し、フレット・バリの症状は、大きなダメージではありません。しかし、フレット・バリを感じたら、他にダメージが起きていないか調べる必要があります。

 

2) トップ落ち – 乾燥が進むとトップ面が沈んで(窪んで)きます。通常の環境でのトップ面は、フラットまたは若干の膨らみを持っています。弦を外して、サウンドホールとブリッジの間に定規を置くことで、チェックすることができます。(下記の写真は、専用の定規を当ててチェックしている所です。)定規とトップ面の間に隙間が見られる場合は、トップ面が落ちていると判断できます。

humidity_01

** トップ面が落ちたギターです。定規とトップ面の間に隙間があるのが分かります。**

3) ブリッジ端の沈み – ブリッジ端の部分を6弦側から1弦側に向かって見た時に、デコボコして見える場合は、ギターの乾燥が進んでいるサインです。このような状態になってしまうと、適正な湿度へ戻しても、自然に回復することありません。

 

4) 急な弦高の低下 / ビリつき – 急に弦高が下がったり、今までになかったビリつきが出たりしたら要注意です。トップ面が落ちることでブリッジが下がります。バック面が落ちることでネックが引っ張られます。このことで弦高が下がり、ビリつきが出てきたのです。この症状を、人によってはネック角度が悪くなったと感じるかもしれません。すぐに加湿を行うようにしてください。

humidity_02

** バック面に定規を当ててチェックしている写真です。隙間があるのが確認できます。このギターは乾燥によってダメージを受けている証拠です **

 

5) トップの波打ち – 通常、フィニッシュ面はフラットですが、乾燥が進むと波打って見えてきます。これは、材の柔らかい部分が縮んでくるためです。

humidity_03

** 乾燥によって波打って見えるトップ面です。 **

 

6) 指板のサウンドホールへの落ち込み – トップ面が落ちることで、指板エンドがサウンドホールに引っ張られる形で引き下げられてきます。こうなると14フレットよりヘッド側が起き上がり、ひどいビリつきを発生させます。下の写真は、指板エンドが下がったギターです。

humidity_04

** 指板エンドが下がっているギターです。低湿度、乾燥がもたらしたダメージです。 **

 

7) トップまたはバックの割れ – 最終的にはトップまたはバック面に割れが起こります。多くの最初の割れは、ブリッジの下やセンターの繋ぎ目で起こります。

冬場の温度が低い時期は、少しの油断が大きなダメージをギターに与えます。氷点下のように極端に寒い場所へ急にギターをそのまま持って出た場合、高い確率でクラック(塗膜の割れ)が発生します。現在、Larriveeが採用している塗装は、昔ながらのラッカー塗装ほどではありませんが、それでもとても危険です。また、その逆も危険で、氷点下の外から温かい室内へ戻り急にハードケースを開けた場合にも、やはり問題が発生します。

この問題を解決する方法は、1つだけ、それは未然に防止することです。ギターを大きな温度変化がある場所へ移す時は、ハードケースに入れて移動させ、突然フタを開けないことです。その場の温度に十分に慣らしてから、ギターを取り出すようにするしかありません。最善の努力もしたにも関わらずクラックが発生してしまった場合、クラックを消すことはできません。しかしながら、クラックはギターのプレイアビリティやサウンドには影響を及ぼしません。ルックスだけの問題です。クラックを修正する場合、高価なリフィニッシュを行う必要がありますが保証でカバーすることはできません。先述のとおり、クラック自体はギターのプレイアビリティやサウンドには影響を与えません。ルックスだけの問題です。

冬場のもう1つの問題は、ブリッジ剥がれです。繰り返しになりますが、根本的な原因は、トップ面の収縮です。ブリッジの木目は、トップ面の木目に対して垂直になるように取り付けてあります。トップ面と一緒の方向へは収縮することはなく、ブリッジは綺麗に剥がされたように外れます。信じられないかもしれませんが、ブリッジが剥がれることでトップ面の割れを防ぐことができ、実は望ましいことでもあるのです。同様の収縮の問題は、ボディ全体でも発生し、これが起こると構造的に弱くなってしまいます。このような湿度管理の問題で起こった問題の修理代金はとても高くなり、保証でカバーすることはできません。

冬の時期に発生する問題のほとんどは、少しの配慮で回避することが可能です。アコースティック・ギターを末永く使用していただくためのガイドを下記に掲載します。

1) 必ず湿度計を用意しましょう。湿度計は簡単にどこでも入手できます。湿度を認識しておくことが大切です。

2) ギターを保管する部屋に加湿器を設置しましょう。Larriveeとしての見解は、ギターを保管する部屋に湿度を与えることがベストだと考えます。ギターのサウンドホールに取り付けて加湿する小さな器具もありますが、その水分量では十分ではないと考えています。おそらく8時間前後くらいで水分は無くなってしまうのではないでしょうか?加湿器で部屋の湿度を管理することはそんなに手間がかかることではありません。スイッチを入れて、タンクに水がなくなれば補給するだけです。

3) 床暖房には注意が必要です。床暖房の上にギターを置くことは絶対にやめましょう。温度があげれば、非常に短時間の間に、ギターの破壊が進んでしまいます。

4) ギターは、ケースに入れて保管管理しましょう。冬場は、ギターをハンガーにつるしたままにしないでください。暖房器具の種類にもよりますが、暖炉の場合などは、床の温度が18度になると、床から1.5mでは22度、床から2.4mでは27度にもなる場合があります。極端な温度の中では、相対湿度も極端に低くなります。

シトカ・スプルース材に関して

About Sitka Spruce

CAD/CAMについて

CAD/CAM Essay

Features

Larrivee HistoryLarrivee History
NEW 02 Bluegrass SeriesNEW 02 Bluegrass Series
Factory TourFactory Tour
Headstock InlaysHeadstock Inlays
Larriveeギターの管理方法Larriveeギターの管理方法
Fretboard InlaysFretboard Inlays
NEW Classic L30NEW Classic L30