About US

About Norman

ケベック州ラ・パトリエ村はNormanギター発祥の地です。ラ・パトリエの人々は1875年にケベックに入植しました。Normanギターの従業員の中にはラ・パトリエの血統を受け継いだ子孫もいます。深い森、山、厳しい冬を乗り越えこの地ケベックにやってきた、勇敢で生命力に満ち溢れた彼らの祖先にここで敬意を表したいと思います。1900年初期に撮影された実際のラ・パトリエの人々の写真を見ることが出来るでしょう。私たちはその伝統を誇りに思っています。またその伝統こそが、ギター製作に専念した勤勉な人々の住むコミュニティーを作り出しました。

1970
年代初頭にNormanはギター製作を開始いたしました。過去30年間に渡り、Norman製ギターの優れた品質と素晴らしさが着実に根付いてきました。ミュージシャンの間でNormanカナダの優れたギターだと口コミで広まっていきましたが、静かに口コミが広がっていったお陰で、ギターにしっかりと投資をし、世界規模で見ても技術的に洗練されたギター工場を設立することができました。弊社の最新技術と最上級のトーンウッドを使用し、精密で一貫性のあるNormanの名に恥じぬギターを製作しています。

 

Details

ソリッド(単板)のトップ材とカスタム・ポリッシュ・フィニッシュについて

アコースティックギターのサウンドは、いかにギターのトップ材が振動するかが重要な鍵となります。単板のトップには、通常600年以上の樹齢を持つスプルース(トウヒ)やシダー(ヒマラヤ杉)といった種類の木から、厳選された上質の木材が使用されています。これらの木材は杢目が細かく真っ直ぐであり、特に杢目方向に対して頑丈なため、弦のテンションにも十分に持ちこたえることが出来ます。同時に、杢目が柔軟なものを目視で厳選しているため、よく振動する(響く)ものが使用されています。単板のトップを持つアコースティックギターは、よりリッチなサウンドと豊かな倍音、そして広いダイナミックレンジを持っています。このように単板トップのギターは、プライウッド(合板)のトップが使用されているギターより、あらゆる面で音が優れています。

 

ギターのトップ材の選択と同じぐらい重要なのが、フィニッシュに使われる材料です。厚いポリエステル・フィニッシュのギターが一般的ですが、高価格帯のギターにこのフィニッシュを施してしまうと単板トップのギターである利点を打ち消してしまいます。このような理由により、我々は何日もかけて全てのNormanギターにある特別なカスタム・ポリッシュ・フィニッシュを施しています。この特別なフィニッシュは、ギターから最大限の響きを引き出すようにデザインされているため、素晴らしいサウンドを生み出します。またカスタム・ポリッシュ・フィニッシュを施した、優れたサウンドの単板トップのギターは、より良いサウンドを得られる可能性を秘めています。これは”エイジング”と呼ばれますが、例えば、現代において素晴らしいとされているヴァイオリンは、大抵の場合製作されてから数百年を経ています。その理由は、長い時間の中で楽器の音が段々良くなっているからなのです。同じことが単板トップのギターにも当てはまりますが、バイオリンと違うのは、ベストなサウンドを得るのに数十年も待たなくても良いということです。エイジングのプロセスは、演奏を開始した時点から既に始まっているのです。

 

 

精密なネックの仕込みとセットネック方式について

ギターのネックの仕込み角度(よく”ネックピッチ”と呼ばれます)は、楽器のトーンを決定する要素の極めて重要な部分を占めています。もしネックの角度がボディから遠すぎる場合は、低音が失われサウンドが安っぽくなります。反対に、角度が前に傾きすぎている場合は高音が失われてサウンドが鈍くなります。Normanのネックの仕込み方は、常に一定のネックピッチが得られるようなシステムになっています。また、ネックとボディという木と木が接合されることによる、力強いサウンドをもボーナスとして得られます。また、接合するネック・ヒールとギターのボディの間には、響きを妨げるような接着剤やフィニッシュは使用されません。

 

Normanのギターは全て、独自のセットネック方式が採用されており、ボディとトップがネックに接地する、ギターにとって非常に重要な部分においてさらなる補強がされています。Normanのセットネック方式は、多くは天候の変化に起因するネックの反りやねじれといった問題を著しく減らすことが出来るため、弦高を一定に保つことが出来ます。また全てのギターは、トップが微妙にカーブしており、特にサウンドホールとブリッジ周りがほんのわずかカーブしていることによって、構造的に必要な高さを得ることが出来ます。また、このカーブしたトップとセットネック方式により、指板からトップに掛かる下向きの圧力を取り除くことが出来ます。

 

 

バックとサイドについて

アコースティックギターのボディは、スピーカーボックスによく似ています。例えば、ギターの単板のトップがスピーカー本体、バックとサイドがスピーカーのキャビネット、という具合です。Normanギターのバックとサイドには3層構造のハードウッドが使用されています。この特別なラミネーションは、優れたトーンウッドの性質を残したまま、トップに対して固い構造を持ちます。その他、Normanのギターに標準装備されるのは以下の仕様です:高いギア比のカバード・マシンヘッド、ウッドロゼット、ダブルアクション・トラスロッド、カスタムTusqナット、Graphtech製調整済みサドル

 

norman_detail画像_横

Specs

Normanのギターは全て、以下の仕様が共通して採用されています。

・セットネック
・24.84″スケール
・インディアンローズウッド指板/ブリッジ
・ダブルファンクション・トラスロッド
・カスタムポリッシュ・フィニッシュ
・16″ R 指板
・マシンヘッド ギア比 14:1
・Graphtech社製 Tusq® ナット/サドル
(オプション: Fishman Presys / Isys + プリアンプ)

※ *マークのシリーズは、サイド材に3層構造のハードウッドの合板が使用されています(圧縮材は使用しておりません)

 

Expedition シリーズ*

Expeditionシリーズは、全て以下の仕様が採用されています。
・トップ:ソリッド・スプルース>
・バック/サイド:3-wayラミネート・ワイルドチェリー
・ネック材:シルバーリーフ・メイプル
・フィニッシュ:カスタムポリッシュ

MODEL TOP FINISH ELECT.
Wild Cherry Cedar Spruce SG HG

Optional

Fishman Isys+

Dreadnaught
Folk
Parlour
Protege シリーズ*

Protegeシリーズは、全て以下の仕様が採用されています。
・バック/サイド:3-wayラミネート・ワイルドチェリー
・ネック材:シルバーリーフ・メイプル
・フィニッシュ:カスタムポリッシュ

MODEL TOP FINISH ELECT.
Wild Cherry Cedar Spruce SG HG

Optional

Fishman Presys

B18 Cedar
B18 Cedar Left
B18 Burgundy
B18 Tobacco
B18 Black
B18 12 Cedar
B18 CW Cedar Black Presys
(included)
B18 CW Cedar TobaccoBurst Presys
(included)
Encore シリーズ*

Encoreシリーズは、全て以下の仕様が採用されています。
・バック/サイド:3-wayラミネート・ワイルドチェリー
・ネック材:シルバーリーフ・メイプル
・フィニッシュ:カスタムポリッシュ

MODEL TOP FINISH ELECT.
Cedar Spruce SG HG

Optional Presys
Electroincs

B20
B20 Left
B20 HG
B20 Black HG
B20 CW
B20 12
B20 Mini Jumbo
B20 Folk
B20 CW Folk
Studioシリーズ

Studioシリーズは、カスタムポリッシュのフィニッシュが施され、バック/サイド材はモデルごとに以下の仕様が採用されています。

ST-40:マホガニー 
B-50 :フレイム・メイプル
ST-68:ソリッド・ローズウッド

MODEL TOP FINISH ELECT.
Model Cedar Spruce SG HG

Optional Presys
Electroincs

ST40
ST40 CW GT Presys
(included)
ST40 Folk
B50
ST68
ST68 CW

 

 bg_body_strip

Electronics

Fishman Presys

 

 

Fishman社は、そのイノベーションと製品クオリティ、そして優れたサウンドで有名です。Fishman Presysピックアップ・システムは、Normanの全モデルのオプションとして採用されており、素早く簡単に操作可能なチューナーを内蔵しています。

 

バッテリーの簡単な取り外しが可能なスペシャル・デザインのプリアンプと、アコースティック・マトリックス・アンダーサドル・ピックアップの組み合わせです。

 

Fishman Presys Features

– ボリューム・コントロール

– ベース/ミドル/トレブルコントロール

– LEDディスプレイ・ビルトイン・チューナー

– フェイズ・スイッチ

– バッテリー・インジケーター

– 9Vバッテリーへのアクセスが簡単なピボット・デザイン

– Fishman Sonicoreピックアップを採用

– ロー・プロファイル設計のコントロール・ノブ

 

 

Fishman Isys+

 

FishmanのIsys オンボード・プリアンプ・システムは、Expeditionシリーズの3モデルで採用されており、ボリューム、トーン・シェイピング、フェイズ・コントロールを装備しています。Fishman Sonicoreピックアップとロー・プロファイル設計で邪魔にならないコントロール・ノブに加え、バッテリー・インジケーター、セパレートタイプのバッテリー・ボックスを搭載しています。

 

Fishman Isys+ Features

– ボリューム・コントロール – EQ トーン・シェイピング・コントロール

– フェイズ・スイッチ

– バッテリー・インジケーター

– Fishman Sonicoreピックアップを採用

– ロー・プロファイル設計のコントロール・ノブ

– オンボードで視認が容易な7セグメント・LEDチューナー

– トーン・シェイピングを際立たせるベース/トレブルコントロール

Tric Case

プロテクション(保護)の重要性…ギターがケースによって保護されているからこそ、安心して演奏できるという事実。

 

TRICケースは、ミュージシャンが日常生活の中で経験する衝撃からアコースティックギターを保護するだけでなく、あらゆる要素からハイテク・プロテクションを可能にします。

 

高い衝撃吸収力:例えば自動車のバンパーの芯の部分やバイクのヘルメットに用いられているハイテク素材である進化したポリプロピレン素材が採用されており、同様の衝撃吸収能力を持っています。人間の頭を保護する素材と同じものが、あなたのギターを衝撃から守るということです。

 

温度/湿度についての注意:TRICケースは、「内部の温度が安定した」楽器用ケースです。天候や気温の急激な変化はアコースティックギターに大きなダメージを与えますが、TRICケースはそのような要素からギターを保護します。TRICケースは、-35℃ ~ 65℃の温度試験を経ており、ギターがこのケースの内部で保護されている限り、そのような過酷な条件にも耐えうることを証明しています。

 

ギグバッグのような軽量性:TRICケースは超軽量ですので、持ち運びも簡単です(持ちやすく、丈夫なハンドルも備えています)。フライトケースの何分の一かの重量で、フライトケース同様の耐久性を持っているわけですが、実際の重量はギグバッグと同じぐらいの約1.7kgという軽さです。更にショルダーストラップについている”D-リング”が持ち運びを容易にします。体に痛みを伴うことなく、ギターケースを肩にかけられるなどと誰が想像できたでしょうか!

 

その他機能について:
・ケース本体と蓋は、ケースの全周囲で密閉型のフィッティングとなっています。
・耐久性があり頑丈なナイロン製のアウターと、握りやすいグリップとショルダーストラップの組み合わせにより、
シンプルで軽量なケースを肩にかけて持ち運ぶことが可能となりました。
・便利かつ丈夫な内部/外部ポケット
・アーチのついた補強材は、内部に十分な空間を残したままギターを保護します。
・ビロードが施され、成型されたケース内部は、内部の安定した位置でギターを安全に保護します。

(TRICケースは、カナダ国内でGodin Guitarsによって製造されています)

TRIC CASEは、B50, ST68モデルに付属しています。

tric_case13[1]

  tric_case_back13_th[1]tric_case_handle13_th[1]tric_case_interior13_th[1]tric_case_norman13_th[1]

Features

about Normanabout Norman
Expedition ParlorExpedition Parlor
B18 BurgundyB18 Burgundy
B18 Black PresysB18 Black Presys
B18 CW Tobacco PresysB18 CW Tobacco Presys
B20 Mini Jumbo PresysB20 Mini Jumbo Presys
B20B20
ST40 CW GTST40 CW GT