製品の使い方や設定方法

対象製品 : Focusrite オーディオインターフェース


PCの環境や設定により出力に至らない原因は多岐に渡ります。

まずは下記基本的な内容をご確認ください。
尚、出力確認はDAWソフトを使用せずにWEBブラウザーやメディアプレイヤーから再生を行ってください。

・ドライバーソフトウェアのインストールはお済みですか?
 
一部のケースを除いてオーディオインターフェースをPCに認識させるにはドライバーソフトウェアのインストールが必要です。

・使用されている再生機器の電源や接続をご確認ください、またオーディオインターフェースの使用中はPC本体及びPCのヘッドフォンアウトからは出力されません。必ずインターフェースに接続してください。
また、ボリュームが上がっていることをご確認ください。

・PCのサウンド設定をご確認ください

PCのサウンドデバイスの設定がされていない、または変わってしまっている可能性がございます。下記設定をご確認ください

MAC 
「システム環境設定」→「サウンド」

windows
「設定」→「サウンド」→「出力デバイス/入力デバイス」



対象製品:すべてのPC関連製品

ドライバーを正常にインストールしたにも関わらずMacに認識されない場合。

Mac OS high sierra以降ではインストールソフトウェアの実行許可を手動で設定する必要があります。

Macを新規購入、OSアップデートされた際に認識できなくなってしまった場合は下記設定をご確認ください。

「システム環境設定」→「セキュリティーとプライバシー」→「一般」→「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」→”App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可”にチェックを入れてください。

Focusrite Controlは多チャンネルインターフェースモデルのアウトプット設定を行うソフトウェアの為、上記のような表示が出る場合は対応していないモデルとなります。

初回USB接続時に表示されるスタートアップツールはご使用の環境によっては起動しない場合がございます。作業されているブラウザーやプログラムを終了して頂き、操作に不要なUSB機器を取り外してお試しください。

どうしても起動しない意場合、下記URLより製品登録を行って頂き、アカウントページ内の[MY HARDWARE]よりご登録製品のスタートアップガイドや必要なダウンロードファイルがご確認いただけます。

アカウント作成・ログインURL
https://customer.focusrite.com/en/register

製品登録/バンドルソフトウェアの登録や各種ダウンロードについて

対象製品:全製品

製品登録時に”すでに登録済みのナンバーです”との表記が出てしまう場合、すでに製品登録とアカウント作成が完了している可能性がございます。

一度ユーザーアカウントへのログインをお試しください。
ログインページURL
https://customer.focusrite.com/register

また、システム更新時に登録作業を行った方にも表示される場合がございます。
時間を空けてお試しくださいませ。

尚、どうしても登録が進まない場合、
カスタマーサポートまでお問合せくださいませ。

Focusrite/Novationお問合せページ
https://kyoritsu-group.com/support/contact_us-2/

対象製品 : 全製品

バンドルソフトウェアの登録時に”このコードは既に使用されています”との表示が出てしまう場合。

バンドルソフトウェアのコードはユーザーアカウントページからもご確認いただけます。※一部製品を除く

付属冊子のコードがご使用いただけない場合、ユーザーアカウントから取得できるコードをご使用ください。

尚、2019年以降のモデルはすべてアカウントページからのバンドルコード取得となっており、製品に付属はしておりません。

アカウントページでの取得方法は、ログイン後、「MY SOFTWARE]の各ソフトウェアのタブをクリックすると表示されます。

ユーザーアカウントより取得されたコードを使用してもご登録頂けない場合、稀にWEBブラウザーを変更して頂くと登録ができる場合がございます。

どうしても登録が進まない場合、弊社サポートまでお問合せ下さいませ。

対象製品 : 全製品

バンドルソフトウェアのコードはユーザーアカウントページからご確認いただけます。

ログイン後、「MY SOFTWARE]の各ソフトウェアのタブをクリックすると表示されます。

対象製品 : 全製品

Ableton Live Liteをご使用いただくにはオーソライズ(ユーザー認識)をする必要があります。

Ableton Live Liteをダウンロードしていない場合、お使いのシステムに従ってダウンロード・インストールを行ってください。
https://www.ableton.com/en/products/live-lite/

Ableton Live Liteインストールし、起動させるとソフトウエアをオーソライズしてください(Authorize your software)というウインドウが表示されます。

Ableton.comでオーソライズする(Authorize with Ableton.com)をクリックしてください。

クリックするとAbletonウェブサイトに飛びます。
Abletonアカウントをお持ちでない場合は無料で新規アカウント登録が行えます。
またAbletonアカウントを既にお持ちの場合は、アカウントにサインインしてください。
Abletonウェブ上でお使いのAbletonアカウントにサインインをすると、ご使用ソフトウエアのシリアルナンバーを入力するようにと表示されます。

ここで必要なシリアルナンバーはお使いのNovationアカウントのMy Softwareタブ、もしくは製品箱に同封されているAbletonコードカードに記載されています。
(Novation製品の裏面に記載されているバーコードはここで必要なシリアルナンバーではありません)

Novationアカウントに記載されているシリアルナンバーを入力、または同封されているアクティベーションコードカードに記載されているシリアルナンバーをAbletonサイト上で入力し、シリアルを登録する(Regsiter Serial)をクリックしてください。

登録が完了するとお使いのコンピューター上インストール済みAbletonに接続され、オーソライズが完了します。オーソライズ完了後、Liveセットの保存とエクスポートが可能になります。

対象製品 : 全製品

お手元のFocusrite製品登録をするには、製品に紐づいたシリアルナンバーを入力する必要があります。シリアルナンバーは製品の箱や製品の裏面に記載されています。

1st Generation ScarlettのシリアルナンバーはS、TもしくはUから始まります。

2nd Generation ScarlettのシリアルナンバーはVもしくはWから始まります。

Clarett ThunderboltシリーズのシリアルナンバーはUから始まります。

Clarette USBシリーズのシリアルナンバーはXから始まります。

SaffireシリーズのシリアルナンバーはSもしくはPから始まります。
(例外としてLiquid Saffire 56のシリアルナンバーはLから始まります)

RedインターフェイスのシリアルナンバーはV、WもしくはXから始まります。

RedNet製品シリアルナンバーはR、S、T、U、V、WもしくはXから始まる予定です。

プロダクトバンドルコードとシリアル番号をお間違いのないようご注意ください。
プロダクトバンドルコードは下記形式になります。
XXXXXX-XXXXXX-XXXXXX

尚、2nd Generation ScarlettとRedNetの少数のシリアルナンバー中にRの文字が入っていることがございます。お手元の該当製品シリアルナンバーにRが入っていた場合、シリアルナンバーからRを除いてご入力いただきますと登録が完了いたします。

また、登録フォーム入力時に「既に使用されています」というメッセージが表示される場合は既に登録ができている可能性がございます。一度ユーザーアカウントにログインし、[MY HARDWARE]をご確認ください。

下記本国サイトより入手可能です。

href="https://customer.focusrite.com/en/support/downloads

[Pick your brand]でブランドを指定し、[Pick your product by type]で製品を指定するとダウンロード可能なファイルのタブが表示されます。[USER GUIDE]をクリックして頂くとマニュアルファイルが表示されます。

適用対象:すべてのPC関連製品


ウェブサイトのダウンロードセクションから必要なドライバーをダウンロードが可能です。以下のリンク先ダウンロードページの、ドロップダウンメニューから製品を選択してください。

https://focusrite.com/downloads

各製品のダウンロードセクションは、Focusriteアカウント内にもあり、メインのFocusrite Webサイトからログイン可能です。

Mix ControlまたはFocusrite Controlを使用するインターフェイスでは、ユニットに必要なドライバー(該当する場合)はコントロールソフトウェアのインストールに含まれています。

適用対象:すべての製品

サポート外サービスとなります為、有償にて承ります。

ご希望の場合はお手数ではございますが、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

https://kyoritsu-group.com/support/contact_us-2/#main

製品の仕様について

対象製品 : Scarlett製品

本体底面に記載されているシリアルナンバーから確認いただけます。


Scarlett 1st Gen = 'S' ....または 'T'から始まる
Scarlett 2nd Gen = 'V' ...または 'W' から始まる
Scarlett 3rd Gen
Y7 ...
Y8 ...
D8 ...
F8 ...
F9 ...
P9 ...
P7 ...
P5 ...から始まる
使用している世代によって、ユーザーアカウントに表示されるソフトウェアとドライバー、およびFocusrite Webサイトで選択するダウンロードページが異なります。


下記本国サイトにてご確認を頂けます。
OS COMPATIBILITY CHECKER

FirewireオーディオインターフェースSaffirePro シリーズにつきましては、MacOS10.15(Catalina)とWindows10での動作を確認しております。

しかし、同製品は開発サポートを終了した製品となり、上記システム以上へのアップグレードを推奨しておりません。あしからずご了承ください。

修理に関するお問い合わせ

対象製品 : 全製品

お手持ちの製品や症状による手順は以下内容を
ご参考ください。

■ご購入後すぐの不具合、保証期間内の製品。
→お手数ではございますがカスタマーサポートまでお問い合わせください。

お問合せフォーム
https://kyoritsu-group.com/support/contact_us-2/

■本体の故障、破損が確定しており、修理が必要な製品。
→ご購入店、お近くの取扱店までご用命ください。

■故障か確定していない。
本FAQフォームをご確認の上、ご不明点がございましたらお問合せフォームまでお問い合わせください。

お問合せフォーム
https://kyoritsu-group.com/support/contact_us-2/
※弊社は卸販売業の為、お客様との直接的な取引は承っておりません、修理のご用命はご購入店、またはお近くの取扱店までご用命ください。

※弊社取り扱いの製品はコンシューマー向けラインナップとなります。
Focusrite PRO製品の取り扱いはMedia Integration様となりますので、お間違いの無いよう、お願いいたします。
https://www.minet.jp/support/

また、弊社にてご対応・サポートさせていただける製品は弊社にて輸入・販売させていただきました正規輸入品のみとなりますため、それ以外の製品につきま してはご対応させていただくことができかねます。予めご了承ください。

対象製品 : 全製品

分解を必要としないパーツにつきましては販売をさせて頂いております、お近くの取扱店舗までご用命下さい。

尚、分解を必要とする修理に必要なパーツの単体販売は行っておりません。ご理解の程をお願い申し上げます。

対象製品 : 全製品

修理期間につきましては通常2~3週間前後で対応させて頂いておりますが、修理内容や混雑状況等により変動しますので詳細についてはお預かりし ない限り分かりかねます。

対象製品 : 全製品

修理金額につきましてはお預かり点検後のお見積りが必要となります。故障内容を指摘いただきましても、正確な金額は分かりかねますので予めご了承ください。

尚、一度お預かりし、見積もりをお出ししますと、キャンセルされた場合におきましても点検料金は頂戴させていただいておりますので予めご了承ください。