【ISAOne】ベーシスト堀井慶一 DIの追求

Pocket

 

人気アーティスト達のサポートを数多く務めるセッションベーシスト堀井慶一さんに愛用するFocusrite ISAOneについてレビューいただきました。

 

長く愛されてきたスタジオマイクプリアンプ ISAOne  マイクプリアンプとしてだけでなく搭載されたDI機能も人気の理由の一つです。

さまざまなDIを使用してきた彼がどういった経緯でマイクプリアンプISAOneのサウンドに惚れ込みライブ現場での実用に至ったのか。

また共演アーティストや音響スタッフからの反応を語っていただいています。

 

 

 

 

 

ISA ONE を詳しく見る>>>

 

 

 

堀井慶一

1987年3月5日生まれ。北海道千歳市出身。

クリスチャンの音楽一家の家庭で育ち、8歳の頃より教会でエレキベースの演奏をはじめる。高校一年の頃、元エスカレーターズのヴォーカリストである Zooco の来札ライブのサポートメンバーオーディションに合格。村上てつや(ゴスペラーズ)のサポートも務める。

 

 

17歳でバークリー音楽大学の奨学金のテストに合格、当時で最高金額を取得。その後渡米せず甲陽音楽院 神戸校へ入学。在学中受けたオーディションで見事合格し「熱帯Jazz楽団」と共演、プロミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせ拠点を東京に移す。2011年に米国アラバマ州にて Stevie Wonder のプロデューサーの一人である Henry PanionⅢ に出会い、Audiostate 55 Entertainment Company のゴスペルライブとレコーディングにアジア人として初参加し絶賛される。同氏から UAB アラバマ大学へ奨学金のオファーを受けるが、日本への帰国を選択した。

帰国後は BoA や Crystal Kay をはじめ、様々な LIVEツアーに参加。2015年からは韓国の人気グループ Super Junior メンバーの soloツアーに参加するなど国内外問わず、幅広くバンドを支えている。その抜群の安定したプレイは唯一無二である

 

 

 

 

一覧へ戻る