ABOUT US

ケベック州東部に、30年以上にわたるカナダでのギター制作の原点となった小さい静かな村があります。このギタービルダーの村は、ハンドクラフトギターの芸術と伝統を確立させることに専念して来ました。細部にこだわってギターを生産し、これまでにない特別な楽器の制作がその村の名物となりました。それが La Patrie(ラ・パトリエ)の村であり、そしてそこで生まれたギターです。クラシックナイロン弦ギターの LaPatrie のすべてのギターは最高品質のトーンウッドを採用し、優れた音色と構造を備えています。

LaPatrie のギターはすべて、プレッシャーテストを経て厳選されたソリッドトップ材を採用しています。最高水準の耐久性と豊かな倍音のある振動を保証するために1枚1枚プレッシャーテストを行うことで、楽器全体のトーン、出音、共振が高まります。トップ材には、平均樹齢約800年の、寿命を迎えて倒れたシダーのみを使用しています。堅くてまっすぐな木目の木材は、強度と柔軟性を併せ持っているので、十分な強さを持つと同時に、振動するのに十分な柔軟性を持っているからです。

また、LaPatrie ギターの塗装には、19世紀のフランスのポリッシュを連想させるカスタムポリッシュフィニッシュも採用されています。カスタムポリッシュフィニッシュは、厚みのあるポリエステルフィニッシュとは対照的に、トップを保護するだけでなくトップ材の呼吸と振動を可能にし、とても重要な「エイジング」の効果に影響します。この「エイジング」の効果により、ギターを演奏すればするほど、ギターのサウンドが熟成されていきます。

ネック材にはホンジュラスマホガニーが使用されており、従来のクラシックギターでは通常見られない革新的なダブルファンクション・トラスロッドシステムが採用されています。また、ネックを削ることにより、快適で非常に高い安定性を実現しています。それぞれのギターには手の込んだロゼット、クリームバインディング、Richlite の指板とブリッジ、Tusq ナット、調整された Graphtech サドルで仕上げられています。