S-Locks

« 戻る
S-Locks

1981年、Schaller社はギターとストラップの間を革命的に繋ぐ、完全に新しいカテゴリーの商品を開発し、特許を取得しました。そのユニークなデザインと機能性により、Schallerは何十年に渡ってストラップロックにおける基準というものを設けました。そして 2018年、Schallerは、革命的な次世代のストラップロックの道を開きます。

ストラップロックシステム、 S-Locks の誕生です。

S-Locksの S は "save"(守る)、"silent"(静粛)そして "S"challer社のストラップロックであることを意味します。新しく革命的な S-Locksは、実に静粛性を保っています。ワンピース構造の硬化鋼のストラップボタン、装飾的なデザイン、完全な取り回しの良さ、そして美しくエレガントなロック・ホイールは非常にスムーズなアクションを提供します。


S-Locks 詳細

【 ストラップボタン 】
新しく、そしてユニークなワンピース構造のストラップボタンは、硬化鋼が使用されたセルフタッピンネジです。3mmの六角レンチを使用してギター本体に取り付けます。

  • 4mm / 5/32"サイズのセルフタッピンネジです。ギターに付属している全てのストラップボタンに対応します。Gibson製のギターであれば、ギターの取り付け穴やネジの調整をすることなく交換が出来ます。
  • 硬化鋼を採用、また通常のストラップボタンの2倍の厚みで、最高の耐久性を誇ります。
  • 付属の高品質フェルトワッシャーは、ギターのフィニッシュに対してストラップボタンとの干渉キズから保護します。

【 ストラップロック 】
新デザインのプル・アップボールは、簡単にロックまたはリリースが可能です。

  • ねじ切りの長さが延長され、6mm以上の厚みのストラップでも固定可能です。
  • スラント(斜め)加工が施されたステンレス鋼製のロッキングボルトは、永続的な精度と信頼性を保ち、フィニッシュが磨耗することがありません。

【 ロック・ホイール 】
新しいロック・ホイールは、ユニークな3ステップの保護機構を持っています。

  • パテント取得の道具不要かつ自動でロックするねじ切りが付いたロック・ホイールを回します。
  • 2mm または 5/64" の六角レンチまたはドライバーを使用して、ロック・ホイールを締めつけます。
  • 最後にイモネジで固定します。これでもう二度とホイールを失くす事はありません。

最後に・・・ 全てのパーツを取り付けて使用した時、あることに気づくことでしょう。

それは・・・音がしません!

この静かさは、お使いの楽器を運搬したり演奏したりする際もノイズレスなパフォーマンスを保証します!

Schaller S-Locks 取付方法

※ S-Locksの取り付けに際してのご注意

  • あらかじめギター本体の穴径を確認した上で、適切なサイズのストラップピンを使用することをお薦めします。

    ストラップピンは3種類の大きさをご用意しています。
    XL = 外径4,5 mm, 谷径3,1 mm; 長さ30 mm(別売)
    M = 外径4,0 mm, 谷径3,0 mm; 長さ22 mm(セット同梱)
    S = 外径3,5mm, 谷径2,4 mm; 長さ18 mm(別売)
  • セット同梱のピンと穴の大きさが合わない場合は、別売のピンをご購入いただくか、穴を狭める/閉じる/開け直す/拡張する等の加工を行ってください。
  • 塗装クラック防止のために、必要に応じてストラップ穴周辺の塗装をはがしてからピンを取り付けてください。
  • クラックに注意しながらストラップピンを取り付けましょう。穴がきついように感じたら、一度ピンをゆるめてから少しずつ穴を広げましょう。
  • 逆にスムーズすぎるように感じる場合は、穴を狭めるか、もしくは一度閉じてから開け直しましょう。
  • 「手で無理なく締められる」程度の固さを目安に、ストラップピンをボディに取り付けます。無理に力を加えると、塗装やボディそのものが割れてしまう恐れがあります。
  • ストラップピンがしっかりとボディに固定されているか、定期的に行ってください。ピンのゆるみを感じたら、ネジを締め直す/穴を狭める/開け直す等の対策を行ってください。
  • ストラップピンの取り付けは、楽器店やリペアショップなどの専門知識を有する業者へ依頼することを強くお薦め致します。購入者様ご自身で取り付けを行う場合は自己責任の元で作業をお願い致します。