MICROTUBES B7K V2

Design and Tone. Perfected.


MICROTUBES B7K v2

Microtubes B7K v2 では、オリジナルの全ての機能を得られる上にトーンをより作り込むことが可能になりました。LOW MIDS では中心周波数を 1KHz か 500Hz で、HI MIDS では中心周波数を 3kHz か 1.5kHz で選択可能なオプションが追加されたことで、夢のようなディストーション・トーンに仕上げることができます。

Microtubes B7K のキャラクターと心臓部は同じですが、B3K のパワフルでダイナミックなサチュレーション回路を用いて、強力な4バンド EQ と今まで以上の多様性を実現するためにバランスタイプのラインドライバーを追加した、ベース用アナログプリアンプです。スタジオとライブの両方で使用できるようデザインされており、ベースサウンドをまったく新しいレベルへと押し上げます。

Features

Blend

クリーンシグナルとオーバードライブシグナルのミックスバランスをコントロールします。オーバードライブシグナルのボリュームをコントロールする Level ノブの設定に関わらず、クリーンシグナルはユニティ・ゲインとなっており、ミックスするバランスの微調整を Blend ノブで行います。

Level

オーバードライブシグナルのボリュームを設定します。

Drive

オーバードライブのサチュレーション量を設定します。

Grunt Switch

クリッピングステージ前の低域のブーストレベルを3モードから選択し、サチュレートさせる低域成分の量を設定します。

Attack Switch

高域成分のサチュレーション量を設定します。“Boost” セッティングではプレゼンスを強調し、よりクリアなサウンドになります。“Flat” ポジションは音色に影響を及ぼしません。“Cut” ポジションでは、高域成分のサチュレーション量を減少させることで、暖かみのあるサウンドになります。

Low

100Hz を中心周波数として ±12dB までブースト/カットします。

Low Mids

1kHz を中心周波数として ±12dB までブースト/カットします。

Low Mids Switch

Low Mids の中心周波数を 1kHz から 500Hz に変更します。

Hi Mids

2.8kHz を中心周波数として ±12dB までブースト/カットします。

Hi Mids Switch

Hi Mids の中心周波数を 3kHz から 1.5kHz に変更します。

Treble

5kHz を中心周波数として ±12dB までブースト/カットします。

Parallel Output

インプットシグナルをスルーアウトします。並列接続で使用するときに有効です。

Direct Output

1/4″ バランスドアウトプットで、PA やスタジオミキシングコンソールと接続する際に有効です。

DIMENSIONS

12 × 10.7 cm

WARNING

Microtubes B7K の消費電流は 30mA です。レギュレートされた DC9V センターマイナス極性のアダプターをご使用ください。環境への配慮を理由に 9V バッテリー(006P)駆動には対応していません。レギュレートされてないパワーサプライの使用、もしくは 9VDC 以上の電圧を供給した場合、ノイズの発生やユニットが破損する恐れがあり、保証対象外となりますのでご注意ください。

免責事項

※ 製品の改良等により、予告なく仕様が変更となることがございます。予めご了承ください。
※ 正規輸入品以外は保証・修理の対象外となりますのでご注意ください。